2005年01月03日

「マイケル・ムーアへ 〜戦場から届いた107通の手紙」マイケル・ムーア編

To Michael Moore

マイケル・ムーアというのは微妙な存在である。何かこう、独りで政府や巨大企業の悪に立ち向かうヒーロー、みたいな感じで、アメリカには敵も味方も多いだろうし、日本には圧倒的に味方が多いだろう。
私も「華氏911」のような映画を作って多くの人を啓蒙する彼の役割には頭を下げているし、「ボウリング・フォー・コロンバイン」以前の作品は単純に社会派エンターテイメントとして、面白いから好きだ。
しかし、例えば対ブッシュの強硬姿勢にしても、実際には「なんでこれを指摘しないの?」といういちばんイタいところに触れてなかったり、どこか、あと一歩のところでツメが甘い気がしてならない。まあ、その「あと一歩」に踏み込まずにいるからこそ彼はキャリアを絶たれずにいるのだと言えば、そうなんだろうけど。

この本はマイケル・ムーアの名前が前面に出ているが、彼が書いている文章は最小限で、ムーアに実際に宛てられた手紙の文面が大半を占める。世の中にはムーアの作品に対する反論をつらつらと述べる「反ムーア本」なんてのも何冊も出ているが、これは違う。基本的にムーアに同調する人たちからの手紙(というかeメール)だ。

イラクに駐留する米軍兵士。その他世界各地の米軍兵士。退役軍人。そして、兵士を送り出している、残された家族。それぞれの、イラク戦争や今のアメリカに対する想いが語られる。
ほとんどの兵士たちは、当然、最初は自分の直系のボスである合衆国大統領を支持する。だから、ムーアなんてとんでもない小賢しい野郎だと思っている。しかし世間があんまり「コロンバイン」と「華氏911」のことで大騒ぎするし、何だか駐屯地にビデオが送られてきたので、とりあえずビデオを見てみた。それでブッシュ観が、アメリカ観が、人生観が覆された。という人が多い。それだけの衝撃を受けたからこそ、わざわざムーア宛にメールを出そうという気にもなるのだろう。

退役軍人の場合はやっぱり甘ったれた世間知らずの若造どもとはひと味違い、それぞれに味のあることを言う。彼らの章を読んでいると、さすがに胸が熱くなってくる。

自らムーアに対して話しかけ、この本にメールが収録された人々は、決してアメリカ人のマジョリティではない。米軍兵士のマジョリティでもない。この本を読んで、短絡的に「アメリカ人もみんなこう思っている」などと思ってはいけない。
しかし、少なくともムーアはこの本で、映画が人々の人生観に決定的な影響を与え、必要ならば行動を起こさせることができることを示した。ジャーナリストとしての、映画監督としての最高の栄誉だ。だから彼は、自分自身の言葉にはほんの10ページ程度しか割かれていないこの本をマイケル・ムーア名義で出したのだろう。
映画や音楽を愛する私のような者にとっても、この本は「世界を動かした映画」の記録として、忘れ得ぬものである。
同時に、たくさんの「感動」が込められたこの本を読んでセンチメンタリズムに流され、「とにかく戦争は全部悪」「ブッシュは悪」「兵士はかわいそう」「ムーアはすごい」と短絡的に考えてしまってはいけない。これは読者を感動させるためのフィクションではなく、事実の記録である。感動しただけで終わっていては世界は変わらない。これは、読者が自分の頭で何かを考えるための、きっかけであり、ネタでしかない。
posted by しんかい at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない 恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」モフセン・マフマルバフ著

Afghanistan

以前少し書いたが、マニラでの国際ワークショップで、アフガニスタンの人と話す機会があった。ITを使う教育に関する内容のワークショップだったのだが、その人にとっては「IT」なんて夢物語のようなものだった。それは言い過ぎにしても、少なくとも彼の国の現状では、まったく現実的な話ではない、という話しぶりだった。

正直なところ私が知るアフガニスタンというのは、80年代にソ連の侵攻を受けたことと、最近アメリカの攻撃を受けたことぐらい。10年に及ぶ内戦、とかいうキーワードを断片的に知っていても、その言葉が本当に意味することをわかっていなかった。
アフガニスタンに関する本を探してもエッセイ集的なものが多く、きちんと彼の国の実情がわかりそうなものがなかなか見つからなかったのだが、この本が面白そうだったので手に取った。

「アフガニスタンの仏像は破壊されたのではない 恥辱のあまり崩れ落ちたのだ」というタイトルには、正直言って引く。しかし、この著者がイランの有名な映画監督で、隣国・イラン人としての立場で色々語っているのに興味をもった。

一般の日本人はアフガニスタンの実情なんて全然わからないのと同様に、イランのこともわかっていない。だから、イランという「安定した」「先進国」がアフガニスタンという「貧しい」国を見る、という視点がとても新鮮だった。山岳地帯が国土の多くを占めるアフガニスタンは天然資源も開発されておらず、産油国であるイランとは豊かさがまったく違う。農業にも適さない土地の住民たちは、従って、他に選択肢もなく、麻薬を栽培する。世界に流通するヘロインの8割が、そして世界のすべての麻薬のうち半分はアフガニスタン産らしい。それでもこの国の基幹産業は5億ドルの外貨しか稼ぎ出さない。麻薬自体は幾多の仲買人の手を経て、数百倍の価値を得て、世界へと流通していく。

そんな麻薬や、あるいは衛生状態の悪いアフガン難民が、自国に良からぬものを持ち込むことを嫌うイランにとって、アフガニスタン人は歓迎すべき存在ではなく、単に難民キャンプに押し込めておいた。
しかし反対側の隣国であるパキスタンは、アフガン難民を迎え入れ、彼らを教育した。教育を受けた者はアフガニスタンに帰国して、国を統治した。それがタリバンである。もともと部族社会であったアフガニスタンを統一したタリバンは、厳しい戒律で秩序を求めた。内戦に終止符を打ち、「安定」を国民に与える代わりに、ルールを守ることを求めたのだ。アメリカを筆頭とする「国際社会」は、これを「人権の抑圧」だと解釈した。ここからアフガン侵攻が始まる。もちろんオサマ・ビン・ラディンなんてのは口実に過ぎない。

この本はイランの映画監督モフセン・マフマルバフ氏の口述に近い雰囲気のレポートやスピーチなどを集めたもの。表現が非常に平易なので読みやすいが、内容はとても重い。「隣人」であるイランが、アフガニスタン難民をいかに迎えるべきか。彼の国にいかに接するべきか。タイトルが詩のようなので誤解を与えると思うが、統計的な数字を使いつつ、変に感情論に走ったりせずに冷静に語られているので安心して読める。
一緒にしてはいけないが、これは日本人がフィリピンや中国などからやってくる外国人労働者にいかに接するか、という立場にも少し似ていると感じた。そして、外国のことを学ぶたびに、いつも、もっと日本のことを知り、日本人としてのアイデンティティをしっかり持たなければいけないと、強く思わされる。

著者本人の言葉ではないのだが、引用されている言葉が鮮明に頭に残っている。スターリンの言葉。
「一人の死は悲劇だが、100万人の死は統計に過ぎない」
posted by しんかい at 03:24| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sex, Love and Rock'n'Roll by Social Distortion

Sex Love and Rock N Roll

演歌パンク。今私が勝手に名付けただけだが、ソーシャル・ディストーションの音にはそんな表現が似合う。
カリフォルニア州オレンジ・カウンティは90年代前半ぐらいに、新世代のバンドが次々に登場してくる地として注目されたが、それ以前からパンクバンドの名産地だった。1978年結成、83年にアルバムデビューしたソーシャル・ディストーションはその中でも古株のひとつ。バンドとしては96年以来長らく活動休止状態で、フロントマンのマイク・ネスがソロアルバムを出してからももう5年が経っている。

カリフォルニアのパンク・バンドの特徴は、パンクというスタイルにこだわらずに他にカッコいいと思うものがあればそれをどんどん取り込んでしまうところだろう。サブライムや311、シュガー・レイといったスカ・パンク、あるいはそもそも分類が難しい音を出すバンドが次々に出て来たのもその土壌のおかげだろう。

そんな中でソーシャル・ディストーションが影響を受けたのはカントリーとロカビリー。カントリーと言っても今のチャートに登場するようなポップ・カントリーではなく、もっとドスの効いたアウトローっぽいやつ。やっぱジョニー・キャッシュは彼らのヒーローだろう。マイク・ネスのソロアルバムでそのルーツがはっきりと示され、それを経たバンドとしての最初の作品が本作である。

すべての曲は、アコギ一本で歌い直してもサマになるだろう。それだけメロディがしっかりしている。革ジャンをびしっと着て、髪をオールバックでぴっちりと固めたマイク・ネスが、ドラ声を張り上げて演歌的な哀愁のメロディを歌う。ある種の様式美の世界。何も新しくなく、以前の作品と何が違うでもない。それでもこの声と、ちょっと荒っぽいこの疾走感のあるロックが聴ければいい。そういうファンのためのアルバムだ。「何か」がなければ評価するわけにはいかない評論家には、従って、決して取り上げられることはないだろう。
そんな事には目もくれず、ルックスにしても音にしても、ただカッコいいことを追求し続けるマイク・ネス。長年のドラッグ癖を克服した彼の思いが、アルバムタイトルを「Sex, Drugs and Rock 'n' Roll」という馴染みのある言葉ではなく、「Sex, Love and Rock 'n' Roll」にさせた。不器用だけど、一途でまっすぐな男のカッコいいロック。10曲で38分という、物足りないぐらいのボリュームで、ちょうどいい。
posted by しんかい at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年ベスト作品選考シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

Kamikaze by Twista

Kamikaze

まったく隔世の感がある。ドゥ・オア・ダイにフィーチャーされた「Po Pimp」という曲でトップ40にちょこっと顔を出し、「どうやらギネス認定の世界一の早口ラッパーらしい」という噂だけが伝わってくるアングラな存在だったトゥイスタ。ルックスにもスター性はなく、彼がジェイZ、デーモン・ダッシュらRoc-A-Fella勢からラヴコールを受けているというニュースを聞いた時も、今度こそ売れるかと感じさせはしたものの、まさかこんなブレイクは誰も予想していなかっただろう。

実際にはRoc-A-Fella移籍はならず、Atlanticからの登場となったが、とにかく大ブレイク寸前のカニエ・ウエストと組めたのが良かった。ほとんどの一般人が初めてトゥイスタに接したであろう「Slow Jamz」の構成も素晴らしかった。第一ヴァースをカニエに任せた後、女とカニエが寸劇で「もっと早くやってよ」「これ以上早くできないよ」というやりとりをして、その直後に割り込んでくるトゥイスタの速射砲。あ、これが例のギネスの奴か、とみんなの印象に残る、実に鮮烈なメジャーデビューだった。
カニエ・ウエスト製作の「Slow Jamz」「Overnight Celebrity」、更にはR.ケリー製作の「So Sexy」とシングルカットして、シカゴ人脈をフル活用しつつ、雑誌に「今シカゴが熱い!」なんて特集を組ませたりもした。
しかし実はアルバムの半分近くを手がけているのはトキシックという奴であり、アルバム全体のカラーを特徴づけているのはこの人物である。これが、実はなかなかキレる。元グッディ・モブのシーローを迎え、アウトキャスト所有のアトランタのスタジオで録音された「Hope」。柔らかく温かいトラックに乗せ、ゴスペルのようなコーラスが、何とも言えない心地よさを醸し出す。この幸せ感はなかなかヒップホップ系の奴に出せるものではない。アリーヤ、ジャム・マスター・ジェイら故人に捧げられているというところもしんみりさせるし、R.ケリーのプチ・パクリっぽい「I Wish」というコーラスも何だかいい感じだ。

現在アトランタを拠点にするトゥ・ショートとエイトボール&MJGを迎え、南部のブルージーな泥臭さを漂わせる「Pimp On」や、デス・ロウ出身のダニー・ボーイを迎えてウエストコースト風のぴーひょろしたシンセを絡ませてレイドバックした「Snoopin'」(これってスヌープ・ドッグのことなのか?)など、いちいち質が高い。色んな有名プロデューサーをとっかえひっかえ使ったゴージャスな作品にしたかった気持ちはわかるが、トキシックとがっちり組んだ作品にしていれば、全盛期のダンジョン・ファミリー関連作品に通じるような、かなりいい仕上がりになったのではないかと思わせる。ま、それじゃ売れなかっただろうけどね。
次作は間違いなく今回のようには売れないだろうが、そういう意味ではまたインディ落ちして、地元の、付き合いの長い連中と地に足のついた作品を出してくれることを期待したい。
posted by しんかい at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年ベスト作品選考シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

スマトラ地震復興支援

amazon.comを通じて赤十字に寄付できるのを発見。
amazon.co.jpのサイトに入り口があるが、実態としては米国のamazonの仕組みを使ってるようで、amazon.comのアカウントを持ってないとダメ。しかし逆にアカウントを持ってると、「これでいいのか?」と不安になってしまうぐらい簡単に寄付ができる。行き先はちゃんと日本の赤十字の模様。
「寄付ぐらいしてもいいが、どうしたらいいかよくわからんし、めんどくさいのはいやだ」という人にはお薦めしておく。
posted by しんかい at 18:36| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アジアネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Grey Album by DJ Danger Mouse (Jay-Z + The Beatles)

Grey Album

ネット上の音楽の世界で昨年いちばん話題になったのはこの作品だろう。
DJデンジャー・マウスの「The Grey Album」。
ジェイZの「The Black Album」と、ビートルズの「The Beatles」(通称ホワイト・アルバム)を勝手にリミックスした、いわばネット上のミックステープである。インターネットを、音楽など自分の芸術表現の場として、世界中のファンと直接コミュニケーションできるという特質を活かしつつ、活用しているアーティストは多い。彼らはまったくの自作曲を公開することももちろんあるし、まったく異なる複数の音源を組み合わせて新しい「曲」を作る、「マッシュアップ」と呼ばれる表現形態もポピュラーである。この「Grey Album」はまさにマッシュアップの典型的な作品だ。

ビートルズを使っていると言ってもけっこう凝った使い方がされており、一聴してすぐにカバーだと判るような単純な使い方はされていない。その完成度の高さが話題になる一方、やっぱり「ビートルズの音源」というところが別の意味で話題になった。EMIによるビートルズの音源の管理は厳しい。正規ルートのサンプリングにもなかなかOKは出さないわけで、ましてやこんな海賊音源なんて真っ先に取り締まりの対象だ。当初プロモ盤CDで流通したこの音源はすぐにEMIにより差し止められたが、既に音源はネット上に流通していた。

デジタルコンテンツが音楽ソフトの中に占める割合が高まるにつれ、著作権の考え方も変わって来ているが、まだまだ過渡期にある。サンプリングとは/著作権とは/改変権とは/芸術とは という根の深い話になってしまうのでここで深入りはしないが、とにかくEMIの“取締り”に真っ向から対抗する勢力も少なくなかった。彼らは「Grey Tuesday」というプロテスト活動を組織し、音楽メディアはもちろんNew York Timesなどのメジャー紙も巻き込んで論争となった。

そういう話題性もあるのだろう。Qでは2004年ベストアルバムの15位に、NMEなんか6位に、この正規発売されていないアルバムを選出している。

ところで、「Black Album」と「White Album」をかけあわせたと単純に言うが、実態としては「White Albumの音源をサンプリング源としてトラックを製作し、Black AlbumのジェイZのラップをのせたもの」である。その前提として、こんなものが存在する。「The Black Album Acappela」。日本のamazonでも普通に買える。私は米amazonで中古で安く出てるのを見つけて速攻ゲットしたのだが、別に貴重なものでもなさそうで少し残念。ラップのトラックだけじゃなくコーラスとかバックのかけ声とかも入ってるので、けっこう聴いると不気味な曲もある(←別に聴くものではない)。

Black Album Acappella

その名の通り「The Black Album」からボーカルトラックだけを抜き出したもので、これはどう考えても「聴く」ためのものではなく、素材として「使う」ためのものである。ジェイZは自らこんな素材を提供し、マッシュアップを推奨していた。「The Grey Album」及びその後を追って無数に登場した「Black Album」のマッシュアップ作品は、ジェイZが意図した通りの、必然の結果なのである。

で、「Grey Album」の中身はというと... やっぱプロの、今が旬のトラックメイカーたちの作品にはかなわないよね、ってことで「The Black Album」と出来を比較してはいけない。ひとつの試みとして面白いとは思うが、やっぱり聴いててカッコいいとはあまり思わなかった。
「Grey Album」の音源はここでダウンロードできます。
http://www.illegal-art.org/audio/grey.html
posted by しんかい at 02:30| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(2) | 2004年ベスト作品選考シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年も一年よろしくお願い致します。
この1年半ほどは本当によく働いたので、今年はちょっと違うことを充実させたいですね。思うことは色々あるんだけどまだ整理できてません。遅いよ、という話もありますが、まあ徐々に考えていきましょう。
東京は今日も雪でした。

snow
posted by しんかい at 00:43| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 思う事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月31日

Hopes And Fears by Keane

Hopes And Fears

キーン。アルバムを聴いて、これは自分にとっての年間ベスト作品になるだろうと直感した。トラヴィスの「The Man Who」とコールドプレイの「Parachutes」をそれぞれの年の年間上位に選んできた私にとって、これほどツボを突いた作品は今年他になかった。
瑞々しいピアノ・ロック。ボーカル+ピアノ+ドラムという大胆な編成のトリオ。ピアニストがベースは兼ねるが、ギタリストはいない。ギター+ドラムという究極の最小編成をホワイト・ストライプスが示して見せていることもあり、驚くほどのことではないのだが、「トリオなのにボーカルが歌うだけ」というのはロック史上けっこう画期的なことではないだろうか。歴代数々のロック・トリオの大半は、フロントマンがボーカルをとりつつベースまたはギターを弾いていたはずだ。
しかし、それにより彼らの音楽の表現範囲が狭まったり、音に違和感があったり、ということはまったくない。とくに「This Is The Last Time」「Bend And Break」「Everybody's Changing」「Can't Stop Now」といったアップテンポの曲での水が流れるように流麗で、透明感のある音は見事だ。よく伸びるボーカルの声も、アップテンポの曲のほうが活き活きしている。そして、何よりもメロディの良さ。今年出て来たバンドでソングライティング能力はNo.1だろう。すべての曲が印象的なフックのメロディを持ち、その完成度の高さ故にすーっと耳に自然に入ってくる。シングルヒットしている「Somewhere Only We Know」もいい曲だけどアルバム中でいちばんいい曲というわけでもないし、「Bedshaped」のコールドプレイ的なドラマチックな盛り上がりは、どちらかというとアルバムでは異色だ。彼らの瑞々しくきらめくようなセンスは、先に並べたアップテンポの曲群で確認されたい。

トラヴィスの例を見るまでもなく、残念ながらこういうバンドは、次作以降はセルフ・パロディに陥り、面白みを失っていきがちである。これだけ素晴らしい作品を残してくれただけでも感謝すべきだが、願わくばもう1枚か2枚ぐらい、長く聴き続けるに値する作品を出してくれるといいな。
素直すぎるのでNMEではあまり受けはよくないが、Qでは堂々年間2位に選出されている。
posted by しんかい at 22:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年ベスト作品選考シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Confessions by Usher

Confessions Confessions New
左が最初に出ていたバージョンで右が出し直し盤。以下は左のバージョンに基づく。買い直すのは悔しいので私は右側バージョンは未聴。今から買う人は「My Boo」も入った右のほうがお得でしょう。


なにもそこまで売れなくていいんだが。というぐらい売れまくってしまった2004年のアッシャー。それにしても「Yeah!」が年間チャート1位って。数十年後の人たちはいったいこれをどう評価するだろう。

デスティニーズ・チャイルドのアルバムもそうだったが、先行シングルで出てくるのは派手な曲だが、アルバムはオーソドックスで安定した曲で固められている。アップテンポの曲は「Yeah!」のほかは「Caught Up」「Take Your Hand」のみで、これ以外は全編がミディアム〜スローで固められる。
ジャスト・ブレイズ製作の「Throwback」が白眉。ロックっぽい音を使いながら、いかにもアッシャーらしいメロディが流れるように展開していく様は見事。さすがにアッシャーのこの特質をしっかり押さえているのは、文字通り彼が子供だった頃から育ててきたジャム&ルイス。「Truth Hurts」「Simple Things」などの好楽曲を提供している。しかし前作での「Twork It Out」のようなアルバムのハイライトに成り得るようなパワーはなく、「Bad Girl」なんか、これってジャスティンじゃないの?とちょっと失笑してまうようなところも。
ジャーメイン・デュプリも流石にアッシャーと組むとなるといい仕事していて、「Burn」もいいがブラマコ(ブライアン・マイケル・コックス)と組んだ、いかにもアルバムの終盤に入ってそうな解放感のある「Do It To Me」もいい感じだ。
しかし「Take Your Hand」での勢いのある歌いっぷりを聴くにつけ、もうちょっとアップテンポの曲があってもよかった気はする。これで800万枚売って、2004年にアメリカでいちばん売れたアルバムになってしまうんだから、これで戦略は間違ってないんだろうけど。私は前作のほうが好きだったな。
posted by しんかい at 02:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 2004年ベスト作品選考シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Franz Ferdinand by Franz Ferdinand

Franz Ferdinand

ここ数年、トレンド・セッターとなるロックバンドはみんなアメリカ出身だった。ホワイト・ストライプスも、ストロークスも、最初に認めたのはイギリス人だったけど、アメリカのバンドだった。
だから、フランツ・フェルディナンドがグラズゴーから登場してきた時は、イギリスの音楽評論家たちは本当に嬉しかったんだろうなー、と思う。NMEで1位、Qで3位など、イギリスの音楽雑誌が選出する年間ベストアルバムで軒並み極めて高い評価を得ているのも、ある程度「地元びいき」によるものだろう。

ストロークスがそうであったように、彼らもまた、決して新しい音を出すバンドではない。基本に忠実というか、60年代のガレージロックの時代に戻ったような音だ。ただ、そういうバンドがごまんといる今の時代、彼らが際立つのは、その洗練された佇まいだろう。何年か前は感情の赴くままに叫ぶボーカルがロック的でかっこいいと勘違い的にもてはやされた時期もあったが、このバンドのボーカル、アレックス・カプラノスは決して叫んだりしない。ほとんど感情さえ見せない。バンドの演奏にもブレがなく、メンバーはアート・スクール卒業生だとかクラシックの経験があるとか聞くとやけに納得できる。
「Take Me Out」を筆頭に「Auf Achse」や「Come On Home」など個々の曲は確かによく出来ているのだが、果たしてこれが2004年のベスト作品だというほど素晴らしいかというと、私はかなり疑問である。良いか悪いかなんてのはしょせん個人の主観でしかないわけで、ここで「よくない理由」をつらつら書いてもしょうがないのだが、一言で言うとカッコよさのベクトルが私の趣向とは違うということなのだろう。私はストロークス派。
posted by しんかい at 01:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年ベスト作品選考シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。