2005年01月31日

Think On Your Feet by Jaimeson

ThinkOnYourFeet.jpg

2ステップって大好きだった。あの、洗練されたスマートな感じがいかにもヨーロッパ的で、アートフル・ドジャーもクレイグ・デイヴィッドも本当によく聴いた。流行がガラージっぽい方向に進むと、2ステップは物足りないぐらいにあっさりその姿を消していく。アートフル・ドジャーは実質的に解散、クレイグ・デイヴィッドはセカンドアルバムで自ら違う路線に進んだ。

久しぶりにその気持ち良さを再び経験させてくれたのが、UKのプロデューサー、ジェイマソン。「True」(4位)「Complete」(4位)「Take Control」(16位)と続いたシングルヒットはどれも外れなし。これら3曲に加えて、間違いなくアルバムのハイライトとなる「Selecta」が連なるアルバム導入部のかっこよさは圧巻だ。
冒頭から3曲アップが続いて、4曲目でちょっとゆったりしたイントロが流れるのでこの辺で一休みかと油断すると、40秒経ったところで一転して今まででいちばん速い超ハイパーな高速ビート!くー気持ちいい!
しかし次の曲からは本当にスローな曲が登場したりして、だんだんダレてくる。アップの曲ももちろん登場するが全体的に冒頭の質には及ばず、聴けるのは「Thinking Of You」「Better You Know」ぐらいか。
まあ、もともとこの手の人達はアルバムではなくシングル勝負の世界なので、こういう構成になってしまうのも仕方のないところだろう。アルバム全体として高く評価することはできないが、何曲かは03年から04年にかけて最もカッコいい曲だったとは言える。

HMVだかタワレコだかのフリーペーパーではディジー・ラスカルと共に何とかという新ジャンル名の下に一緒に紹介されていたが、ディジー・ラスカルはソー・ソリッド・クルーなんかのガラージ系やエレクトロニカ系からの影響が強く、猥雑な感じがするのに対し、こちらのジェイマソンはあくまでも洗練されてスマートで、やっぱり2ステップからの影響が強い。別モノだと思う。
posted by しんかい at 01:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2004年ベスト作品選考シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。