2004年12月31日

Confessions by Usher

Confessions Confessions New
左が最初に出ていたバージョンで右が出し直し盤。以下は左のバージョンに基づく。買い直すのは悔しいので私は右側バージョンは未聴。今から買う人は「My Boo」も入った右のほうがお得でしょう。


なにもそこまで売れなくていいんだが。というぐらい売れまくってしまった2004年のアッシャー。それにしても「Yeah!」が年間チャート1位って。数十年後の人たちはいったいこれをどう評価するだろう。

デスティニーズ・チャイルドのアルバムもそうだったが、先行シングルで出てくるのは派手な曲だが、アルバムはオーソドックスで安定した曲で固められている。アップテンポの曲は「Yeah!」のほかは「Caught Up」「Take Your Hand」のみで、これ以外は全編がミディアム〜スローで固められる。
ジャスト・ブレイズ製作の「Throwback」が白眉。ロックっぽい音を使いながら、いかにもアッシャーらしいメロディが流れるように展開していく様は見事。さすがにアッシャーのこの特質をしっかり押さえているのは、文字通り彼が子供だった頃から育ててきたジャム&ルイス。「Truth Hurts」「Simple Things」などの好楽曲を提供している。しかし前作での「Twork It Out」のようなアルバムのハイライトに成り得るようなパワーはなく、「Bad Girl」なんか、これってジャスティンじゃないの?とちょっと失笑してまうようなところも。
ジャーメイン・デュプリも流石にアッシャーと組むとなるといい仕事していて、「Burn」もいいがブラマコ(ブライアン・マイケル・コックス)と組んだ、いかにもアルバムの終盤に入ってそうな解放感のある「Do It To Me」もいい感じだ。
しかし「Take Your Hand」での勢いのある歌いっぷりを聴くにつけ、もうちょっとアップテンポの曲があってもよかった気はする。これで800万枚売って、2004年にアメリカでいちばん売れたアルバムになってしまうんだから、これで戦略は間違ってないんだろうけど。私は前作のほうが好きだったな。
posted by しんかい at 02:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 2004年ベスト作品選考シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1439491

この記事へのトラックバック

マイ・チャート〜2004年間TOP20
Excerpt: A Hangover You Don`t DeserveBowling for SoupJiveこのアイテムの詳細を見る 1位「1985」ボウリング・フォー・スープ 2位「VALON-1」Salyu ..
Weblog: 映画と文庫とMDと
Tracked: 2004-12-31 20:47

Confessions / Usher
Excerpt: Billboard他、各全米チャートをチェックしている人はとっくに承知していると思うが、2004年は完全にアッシャーの年だった。Billboardではシングル年間チャートの1位と2位を「Yeah!」と..
Weblog: LOOSE RAP
Tracked: 2005-01-06 16:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。