2005年05月15日

「ボロボロになった覇権国家」北野幸伯著

Boroboro.jpg

なんでこんな本買ったんだっけ。
と、読んでいてたびたび思わされた。君達はこんな基礎的なことも知らないでしょうからすべて噛み砕いて、バカでもわかるように書いてあげますよ、という偉そうな態度が随所に感じられて、時々すごく不快になる。
しかし、モスクワの、「卒業生の半分は外務省に、半分はKGBに進む」という外務省付属の大学に留学していたという著者の視点は、確かに鋭い。とくに、西欧とアメリカという、いつも日本人の視線が向いている国ではなく、ロシアと中国を巨大勢力と捉え、戦略的にアメリカを弱体化させようとしている(あるいは弱体化していくのを待っている)という説明はインパクトがある。
小馬鹿にした口調で、何度も話の要点をまとめ直したりしつつ、断定調で語られるので、すっかり騙されてしまう人もいそうだが、話半分と思いつつ読むとけっこう面白かったりもする。田中宇をもっと胡散臭くした感じだろうか。あまり人にお薦めできるような本でもないが、それなりに面白いし、文量が少なくてすぐ読めるので、自分の読書記録という意味もあり、いちおう取り上げてみた。
posted by しんかい at 17:08| 東京 🌁| Comment(49) | TrackBack(7) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「チェチェン やめられない戦争」アンナ・ポリトコフスカヤ

Chechena2.jpg

チェチェンねたは以前も一冊とりあげたが、あれを入門編として読み進めたのがこの本。
著者はロシア人のジャーナリストなので、チェチェンを進攻している側にあたる。それがよくもまあヌケヌケと、と思えなくもないのだが、実際に読んでみるとそんな意地悪を言う気もすっかり失せている。
瓦礫の廃墟と化したグローズヌイに、裏ルートから潜入し、取材だけで終わらず、現地のごく普通の人々の支援をし、軍隊に捕まり、罵声を浴びせられ、放り出される。そんな活動が評価されてロシアのジャーナリスト協会やアムネスティから表彰されたり、02年のチェチェン武装勢力によるモスクワの劇場占拠事件では、交渉役として武装勢力側から指名されたりした。ロシア人としては「話せる奴」だと評価されたということだろう。
チェチェン侵略戦争の背景にうごめく人物や組織について政治的に、そしてもっと泥臭く分析を加えていく後半は、ロシア政界や人脈図について何の前提知識もないとちょっと辛いが、戦時下のチェチェンの一般市民の生活を描いた序盤の重さと、迫力は圧巻だ。「生きる」ということが、どんなに大変なことなのかを、つくづく思い知らされる。

今、別の本を読んでいるが、イスラムがからむと米国や西欧社会はその独立を認めないという。
世界最大のイスラム人口を抱えるインドネシアから、キリスト教国である東チモールの独立を支援しても、カシミールの独立は許さない。クロアチアは許しても、ボスニアは許さない。グルジアの独立は許しても、チェチェンは独立させない。
日本人は欧米人の言うことしか有り難がらないので、反対側の視点から物を見る事ができない。「国際派」のCNNやBBCが報道することが、公平な「世界のありのままの姿」ではない。
posted by しんかい at 16:48| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(2) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。