2004年07月30日

アシュリー・シンプソン

全米アルバムチャートではアシュリー・シンプソンが初登場1位をゲット。後から出てきた妹のほうが姉より売れてしまうのは(姉のほうもちゃんとそれなりに売れてるという場合)けっこう珍しいパターンのような気が。しかも音楽的にもいかにも大時代的でどんくさいジェシカに比べると今ドキの若者っぽし、どう見ても(日本人の感覚なら)アシュリーのほうがかわいいし、売れて当然か。

イギリスではストリーツが(シングル)1位。これには驚いた。いい曲だけどね、たしかに。
最近はキラーズがお気に入り、といってもアルバムはまだ未聴。オーディナリー・ボーイズはその評判通りザ・ジャムとかへの憧れがそこかしこに滲み出てて微笑ましい。アルバム1曲目での往年のポール・ウエラーの物真似そのまんまな「ハッ!」のかけ声には笑ったが。
最近どうもアメリカのチャートがつまらなく感じてしまうのは、ヒップホップ系に自分の好きなヒットがないから、という気がする。G-UnitとかD12とか嫌いだし。ネリーの新曲はいい感じ。やっぱ東以外のラップが好きだなあ。
posted by しんかい at 01:46| 東京 ☔| Comment(33) | TrackBack(1) | 洋楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月28日

ラーマ

帰宅後何を見るでもなく、なんとなくテレビのスイッチを入れる。ディスカバリーチャンネル。あまり真面目に見てるわけでもないのでよくわからんが、宇宙に生物が存在する可能性、みたいなのをやっている。この手のネタでかならず登場するのが、木星の衛星、エウロパ。百何十キロに及ぶ氷の下には海があり、そこには生物がいる可能性が高い、らしい。
それを知ったのは、アーサー・C・クラークの小説で、だった。「2001年」などの著者であるこの人は単なるフィクション作家ではなく、その作品は確かな知識に基づいている。彼が小説で描いたコンセプトが、実は事実だった、と後から判明したとか、彼が小説の中で提示したアイデアが後からNASAによって実現されたとか、そういう話はいろいろ聞く。
そんな彼の作品の中でも大好きなのが「ラーマ」シリーズ。半端じゃない規模の超巨大宇宙船、そこに迷い込んだ地球人が知性をもつ宇宙人と交流していく、という、まあ荒唐無稽と言ってしまえばそれまでの話なのだが、そのスケールの大きさと、想像力の豊かさには舌をまく。宇宙船の中が高さ数kmで、中に雲が発生したり雷が発生したり、ってなぐらいだからあまりにもスケールが大きすぎて、今まで映画化なんてとてもできなかっただろうけど、これだけCGが一般的になった今なら、できるんじゃないかと期待している。
ああもう2時だ。明日は健康診断だというのに。さっさと寝なきゃ。
posted by しんかい at 02:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月26日

V801SA

この右側に出てる天気って何を元ネタにしてるんだろう。煙霧とか出てるけど、普通に晴れてる気がするが。

3月に出張した時に携帯がイカれた。ちゃんと電源を切ってあったんだけど、機内でたまたまバッテリー部分が異常に熱くなっていることに気がついて、そこでバッテリーを本体から外した。でも、以後二度と電源が入ることはなかった...
ということで機種変更したのだが、それが今使っているV801SAってやつ。この機種でそのまま海外でも使えるというのがウリで、ちょうど海外出張で連絡手段に困る経験もしていたので、これは!と、当時まだかなり高かったが即決した。
しかしまあ、この機種の評判の悪いこと悪いこと。ちょっとkakaku.comや2ちゃんねるで検索すればわかるが、凄まじい数のバグレポートが利用者から寄せられている。これは正直、リコールに充分値するだろう。

が、実は今のところ自分で実際に特に困ったことはあまりない。評判通りつながらない(かけた人にとっては「圏外」だが、こっちはちゃんとアンテナが立ってる)という現象は何度も経験しているが、それが深刻なトラブルになったことは今のところないし。
で、今回、初めてこれを海外に持って行くことになる。この機種にした真の狙いが初めて試されることになる。色んな人の色んなレポートを見ていると全然つながらなかったとかいう話もあって、けっこう半信半疑。でも、日頃使ってるのとまったく何も同じ状態のまま、海外でも通話や携帯メールができるのって凄く便利じゃない?(但し料金はちょいと高い)
使用感はまた後日ご報告。
posted by しんかい at 01:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月23日

客商売

今日は夜、会社を出てまず思ったのが、「うわ、涼しい!」体感温度は昨日の夜より10度ぐらい低いんじゃないかという感じで快適快適。というかこれが普通か。

今日はタイの渡航準備のため旅行代理店に手配を頼んだ。
社内の事情で昨年度までお願いしていたところではなく、その関連会社に初めて頼んだのだが... 全然使えない。
飛行機を探させたら、こっちが一緒にWebで見ながら、具体的な便名を指定してやらないと安い便が出てこないし、ホテルを探させてもダメ。まだ新米なのかもしれないが、そんなのは客の知ったことではない。ということでそこを利用するのはやめて、やっぱり昨年度お世話になったところに、以後頼むことにした。一回で見限るのはかわいそうだとも言えるが、やっぱり客商売というのはそれだけシビアなんだよな。逆に、「やっぱりここにまたお願いしよう」と思わせてくれた、昨年度お世話になったJTBさん(ほめてるんだから名前出してもよかろう)は、流石だ。日頃から丁寧に仕事をしておくべきものだと、つくづく思う。
久々(というか初?)の3日連続書き込み!
posted by しんかい at 00:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

ジミー・バフェット

最新チャートで、1974年デビューのジミー・バフェットが、デビュー30年目にして、初の全米No.1アルバム。こりゃびっくり。だいたいこの人は日本にいる分にはいったいどんな売れ方をしてるのか想像もつかないし、新作が出ても日本の店頭でほとんど見かけることはないのだが、アメリカではやけに人気が安定している。しかも、特にここ10年間。

今日も東京は暑かった。都心では38度だったそうで。今日の昼間はまさにその都心のど真ん中にいたんだけど、昨日みたいな異常な感じはしなかったな。
イラクは50度なんだそうだが、いったい50度ってどんな感じなんだろう。
イラクと言えばフィリピン軍の撤退。テロに屈する決断をしてしまったことが国際社会から批判されているが、その善し悪し自体は置いといて、彼らがアメリカに反旗を翻したことにはすごく大きな意味があると思う。こないだまでアメリカの植民地だったんだから。単なる反抗期なのか、それとも本格的に親離れしたのかはわからないけど。日本のように永遠にパラサイトシングルを決め込むのも、それはそれでひとつの生き方だが、どうも日本の場合根性が座ってないのがよくない。
新聞をThe Daily Yomiuri(英字新聞)に変えてからもう2ヶ月ぐらいになるが、やっぱり普通の日本の新聞に比べて国際記事、特にアジアのネタが多いので、今の仕事(アジア系との付き合いが多い)にはすごく役立つ。直接的な知識としての情報収集という意味もあるけど、なんとなく雰囲気、空気をつかむこともできてる気がする。
実は普通の日本の新聞よりも購読料も安いので(2950円)、真剣に、日常的に英語に接して勉強したい人にはかなりおすすめ。難点はチラシが入ってこないことだけ。
posted by しんかい at 02:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月21日

39.5度

あああ尋常じゃないよ。どうなってるんだ地球。39.5度ってあんたインドじゃないんだから。
少し前に、8月のフィリピンって言ったって決して東京と比べて暑いわけじゃないと書いたが、まさにその通りだよ。新聞によればマニラはいつもどおりの32度だよ。
しかし東京は最近は真冬でもあまり零下にならない気はするけど、それに近いぐらいは寒くなる。ということは年間の気温差は40度。まあ世界にはもっと凄いところはいくらでもあるんだろうけど、改めて考えると凄い順応性だと思う。いや別に人間だけじゃなく、東京に生きる動物にしても、植物にしても。

予告していた通りフィリピンには行くことが決定したけど、その前にバンコクにも行くことがほぼ決まった。で、ここで「マッハ!!!!!」に話がつながる。タイのアクション映画。CG使わない、ワイヤー使わない、とやけに宣伝してるのはちょっとマニアックな気もするが、いやしかしこれは本当に凄い。しょうもないストーリーでも1時間40分まったく飽きることなく画面に目が釘付け。村から盗まれた仏像の頭を取り返しに、若者が命をかけて戦いに行くというストーリーは荒唐無稽なようでいて、実はタイのお国柄をよく表してると思うし、田舎と大都会(なようでいてやっぱり田舎くさい)バンコクの対照的な描き方も印象的だ。
この主人公にはぜひ世界的にビッグな存在になってもらいたい。
posted by しんかい at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

シザー・シスターズ

全英アルバムチャートで登場22週目にしてシザー・シスターズが1位。これは凄い。実はこのバンドにはけっこう早くから目をつけていたのだが、「Comfortably Numb」しか聴かずにアルバム買ったもんだから、これ以外の曲はみんな普通のロックだったのでけっこう拍子抜けして、あまり気に入らなかった。まさかこんなにヒットして、長く売れ続けるとはね。

最近UKで売れるバンドは、スノー・パトロールにしろキーンにしろフランツ・デルディナンドにしろ割とみんな好きなんだけど、やっぱりその中でも群を抜いているのがキーン。自分の中ではトラヴィスの「The Man Who」、コールドプレイの「Parachutes」と並ぶ三部作という感じ。

このところろくに更新できてなかったのは、本業がホントに忙しかったから。寝る時間を削って仕事をするのは自分的には珍しいことじゃないけど、最近はメシ食う時間まで削ってることもあって、さすがにやりすぎだった。
夏は出張もあるし、夏休みもちゃんと取る予定だし、少し人間らしくしましょう。
posted by しんかい at 00:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。