2004年06月19日

東京の夏

今年度の最初のアジア出張は8月のマニラになりそう。本当はその前にバンコクにも行きたいんだけど。
今回のマニラ行きは、現地でイベントが開催され、そこに講演者としての「ご招待」なので、ちょっと同僚に自慢げに話したりするわけだが、そこで決まって返ってくるのは「8月のフィリピンなんて暑いでしょー」というつまらない反応。

実は8月は、マニラより東京のほうが暑いのではないかと思う。もっとわかりやすく言うと、沖縄と東京の比較に近い気がする。確かに沖縄はいつも暑いようなイメージがあるが、38度とかいう極端な暑さにはそう滅多にならない。海に囲まれた島、という地形がそうさせているのかもしれない。
しかしここ数年の東京は、「地球温暖化」を肌で感じさせてくれるような恐ろしい気温の情報ぶりだ。実際の「地球温暖化」の影響は1度にも満たないのだろうが、エアコンの放射熱とか、大都市特有の、一種の公害のようなものだろう。天気予報で最高気温が36度とか言われるのはまったく珍しいことではなくなったし、ビル街のどまん中に居れば体感温度はさらに数度高いのだろう。

そういうわけで私の8月のマニラ行きは「避暑」と自分的に位置づけることにする。いやまあマニラであってビーチではないし、本業は相当ハードだとは思うが。

というのは実はちゃんとデータに基づいてたりもして。
最近、家でとる新聞をThe Daily Yomiuriに変えた。読売の英字新聞。昔から、勉強のためにジャパンタイムスを駅の売店で買ったりもしていたけど、やっぱり二重に買うのは無駄だし、日本語の新聞がなければ強制的に英字新聞を読まされるわけで、ちょっとスパルタ教育。値段も日本の新聞より安いし。唯一の欠点はチラシを入れてくれないことなんだよな。
で、この新聞は、さすがに天気予報欄は「世界の天気」が毎日載っている。ここしばらくの平均気温は、マニラは31度ぐらいで安定。バンコクはもうちょい暑く33度ぐらい。数字で見て明らかにどう考えても東京より暑いのはインド(ニューデリー)で、43度とかいう数字が平気で載ってたりする。まあ平均すると30度台だけど。
たしかバンコクは年間を通じてそれほど気温の変化は大きくないが、強いて言うと5月頃が暑い、と聞いたことがあるので、これはほぼピークの数字だろう。と思えば、東京のピークと全然変わらない。

別にこんなことを一生懸命力説しなくてもいいのだが。しばらく更新してないのも気になっていたのでなんとなく書いてみた。
BGMはKeane。いいバンドだねえ。相当気に入って聴いてます。今だとコールドプレイと比較されるんだろうけど、この瑞々しさ、大らかさ、優しさはむしろ「The Man Who」の頃のトラヴィスになぞらえるべきだろう。
posted by しんかい at 10:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

Morrissey, you are the quarry

こう言うのもアレだが、私の青春はザ・スミスだった。
洋楽を熱心に聴き始めて3年目ぐらいに出会ったこのバンドは、高校生だった私に絶大な影響を与えた。
スミスは解散し、私は大学生になり、だんだんこのバンド、というかモリッシーには興味を失っていった。

今回、実に久しぶりとなるアルバムが出た。しかもアメリカでやけにヒットしたりしたもんで、久しぶりに興味をもった。
そして、アルバムの1曲目を聴いて、ああ、やっぱり俺がホレた相手は間違いなかったよ、と思った。いやいや全然ヘンな意味ではなく。

America Is Not The World

アメリカよ
君は頭でっかちすぎるよ
だってアメリカよ、
君のおなかは大きすぎるよ
君を愛してるよ
でも君は、居るべきところに留まってるべきだと思うな
アメリカ
自由の国、だそうだね
そして機会と正義の名のもと
でも大統領が
黒人だったことはないし
女性だったことも、ゲイだったこともないね
その日がくるまで、何を言っても僕を信じさせるのは無理だよ
アメリカよ
君たちはハンバーガーを与えられた
アメリカよ、
君たちはそのハンバーガーをどこに押し込むかわかってるだろ
エストニアではなぜこんな風に言うか知ってるかい?
「hey you, you big fat pig」「you fat pig」「you fat pig」
鋼のように青く
愛のない瞳
世界をスキャンして
ユーモアも温かみもない笑顔で
世界にご挨拶
僕が捧げることができるのは、ただこの真摯な心だけ
君はいらないと言うけどね
自分の目で、見てごらん
自分の手で、触れてごらん
お願いだから
自分の魂で、理解してごらん
自分の耳で、聞いてごらん
お願いだから
僕が一緒にいるだろ
君を愛してるよ
愛している
愛しているよ

作/モリッシー
訳/しんかい
posted by しんかい at 01:09| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。